厚生労働省は11月27日、「医薬品・医療機器等安全性情報」252号を発表、酸化マグネシウムの副作用として生じる高マグネシウム血症に関し、改めて注意を喚起した。2005年4月から2008年8月までの3年余に、酸化マグネシウムとの関連が否定できない高マグネシウム血症の発症例が15例報告され、うち2例が死亡したという。酸化マグネシウムは、カマあるいはカマグとの略称で呼ばれ、便秘薬や制酸剤として頻用されている製剤。年間4500万人が使用しているとされ、薬局では患者への説明などの対応に追われることになりそうだ。

ログインして全文を読む