日本イーライリリーは11月12日、首都圏在住の既婚男女を対象に実施した、勃起不全(ED)に対する意識調査の結果を発表した。男性がED治療薬を服用することについて、女性の約7割が「パートナーが望むのなら賛成する」と回答したことがわかった。さらに、自分とパートナーを「いい夫婦」だと思う男女ほど、EDの悩みを「打ち明けたい」「打ち明けてほしい」と考えていることが明らかになった。

ログインして全文を読む