厚生労働省は、10月30日に「医薬品・医療機器等安全性情報」No.251を発行、2007年度に報告されたインフルエンザワクチン接種による副作用が122症例190件に上ったことを明らかにした。2007年度は推定使用量が2257万本と過去5年間で最も多かったが、使用量に対する報告症例数の比率はほぼ例年並みだった。

ログインして全文を読む