日本OTC医薬品協会(旧日本大衆薬工業協会)は10月24日、「スイッチOTC薬候補リスト」に追加すべき成分として新たに20成分を選定、公表した。新たにリスト入りしたのは、脂質異常症治療薬のプラバスタチンナトリウム(医療用医薬品商品名:メバロチンほか)、プロトンポンプ阻害剤のラベプラゾールナトリウム(パリエット)、NSAIDsのナプロキセン(ナイキサン)、抗トリコモナス剤のメトロニダゾール(フラジールほか)など。

「プラバスタチン、ラベプラゾールをOTC薬に」の画像

ログインして全文を読む