処方せん様式の再変更を受けて薬局での後発医薬品調剤が急増しているが、それに伴い何らかの理由から、後発品を先発品に戻すケースも増えている。第41回日本薬剤師会学術大会では、そんな事例の原因を分析する発表が相次いだ。

後発品を先発品に戻した事例の分析発表が相次ぐの画像

ログインして全文を読む