「お薬手帳を拒否していた後期高齢者が30人いたが、薬剤師が働き掛けることによって9人にまで減らせた」「17%だったお薬手帳の保有率を45%にまで引き上げることができた」──。日本薬剤師会学術大会のポスター発表では、お薬手帳の普及に努める工夫を施したところ、手帳の保有率を高めることに成功したという発表が相次いだ。

工夫次第でお薬手帳の保有率がアップの画像

ログインして全文を読む