最近、経口ビスホスホネート製剤投与中の患者に顎骨壊死・顎骨骨髄炎を発症する例が報告され注意喚起が行われているが、同剤を処方されている外来患者の3割が顎骨壊死・顎骨骨髄炎のハイリスク群に該当することが、ケイ・ディ・フドー康仁薬局(広島県海田町)の松原大祐氏らの調査で明らかになった。この結果は、第41回日本薬剤師会学術大会で発表された。

ログインして全文を読む