後発医薬品の使用が数量ベースで30%を超える薬局には、次回調剤報酬改定で「ごほうび」を付けたい──。厚生労働省保険局医療課薬剤管理官の磯部総一郎氏は、日薬学術大会の分科会「医療制度改革と薬剤師」の基調講演で、次回改定時に後発品に関する新たな加算を創設する意向を示した。

ログインして全文を読む