今年7月、34社の70品目が薬価収載されたアムロジピンベシル酸塩(先発品商品名:アムロジン、ノルバスク)の後発医薬品について、薬局は備蓄採用品目を決める際、「MRの訪問」を最も重視していることがわかった。日本医薬品卸業連合会薬制委員会委員の三浦幹雄氏が、日本薬剤師会学術大会の分科会「後発医薬品の適正使用に向けて」の中で、独自の調査結果によって明らかにした。

アムロジピン後発品の採用理由、「MRの訪問」がトップの画像

ログインして全文を読む