アステラス製薬は10月7日、過敏性腸症候群(IBS)治療薬の「イリボー」(一般名:ラモセトロン塩酸塩)を発売した。同剤はセロトニン5-HT3受容体の拮抗剤で、適応症は男性における下痢型IBS。剤形は1種類2用量(2.5μg錠、5μg錠)で、薬価は2.5μg錠1錠が86.30円、5μg錠1錠が141.10円。いずれも淡黄色・円形のフィルムコーティング錠だが、2.5μg錠の方が小さく、また錠剤の表面に「イリボー2.5」「イリボー5」の文字が印刷されており、見分けやすい。

ログインして全文を読む