ファイザーは10月7日、抗酸菌症治療薬の「ミコブティン」(一般名:リファブチン)を発売した。同剤はリファマイシン系抗酸菌症治療薬で、適応症は結核症、マイコバクテリウム・アビウムコンプレックス(MAC)を含む非結核性抗酸菌症と、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染患者における播種性MAC症の発症抑制の三つ。リファンピシン(リファジン、リマクタン)の使用が困難な場合に使用する。剤形は1種類1用量(150mgカプセル)で、薬価は1カプセル753.00円。

ログインして全文を読む