睡眠薬を怖がる患者は多く、服薬量を自己調節したり服薬を中断するなど中途半端な飲み方をして、かえって不眠症状を悪化させてしまうことも少なくありません。睡眠薬は医師の指示通りしっかり服用して、睡眠のリズムを取り戻した後に、徐々に減らしていくべき薬剤です。

患者の不安を取り除くような服薬指導をの画像

ログインして全文を読む