睡眠薬は、消失半減期と患者が訴える不眠のタイプによって使い分けられていますが、同じ超短時間作用型に分類されている薬剤でも、それぞれに違いがあります。医師は処方の際に、個々の薬剤の特性を把握して選択することが求められています。

転倒のリスクは睡眠薬の種類により異なるの画像

ログインして全文を読む