生活習慣病と不眠・睡眠不足が密接に関係していることは、様々な報告によって明らかになってきています。ある疫学調査では、不眠・睡眠不足があると耐糖能の悪化や血圧の上昇が起こりやすく、睡眠時間が短い人は生活習慣病発症のリスクが高まると結論しています。逆に、生活習慣病の患者は不眠症の合併率が高く、生活習慣病がない人と比べて睡眠薬の使用率が高いという報告もあります。

患者の睡眠状況を詳細に聞きとり問題点を探るの画像

ログインして全文を読む