患者が入居している施設スタッフから「血圧の薬が中止になるがどれか?」との電話があり、 医師に確認せずにノルバスク(一般名アムロジピンベシル酸塩)と回答してしまった。 実は、削除対象薬は、ノルバスクではなくラシックス(フロセミド)であった。

あいまいな情報と確認不足で服用中止薬を誤認の画像

ログインして全文を読む