患者(娘)とその母親が、それぞれ患者に発行された処方内容の異なる処方箋を持って時間差で別々に来局した。医師に確認したところ、既に患者(娘)に交付した薬剤は差し替え前の処方箋だったことが判明した。

差し替え前後の処方箋を患者と母親が別々に持参の画像

ログインして全文を読む