患者は、前回と同じ処方であれば薬剤情報提供書はいらないと薬局に申し出ていたが、薬局側が間違って他人の薬剤情報提供書を交付してしまった。自分の薬剤情報提供もこのようにまちがって近隣の知人にわたることがあるのではないか、薬の内容から自分の病気を知られてしまうのではないかと危惧し薬局に強く抗議した。

ログインして全文を読む