ここまでは、長期管理について見てきたが、喘息では急性増悪(発作)時の対応も重要となる。

短時間作用性β2刺激薬、発作時の推奨用量増の画像

ログインして全文を読む