患者負担を軽減し、医療費を削減するため、後発医薬品の使用促進を──。この大命題の下、多くの薬局は努力を重ね、使用割合を高めてきた。しかしここにきて、息切れしている。

後発品調剤体制加算、見直しは確実の画像

ログインして全文を読む