運転禁止薬の服薬指導を強化する取り組みが一部で始まっているものの、多くの薬剤師が対応に苦慮しているのが実情だ。薬学共用試験センター(東京都渋谷区)の木津純子氏が、慶應義塾大学薬学部在職中に薬局薬剤師を対象に行った調査でも、その現状が浮き彫りになっている。

患者への対応に苦慮する薬局薬剤師の画像

ログインして全文を読む