セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)であるデュロキセチン塩酸塩(商品名サインバルタ)の適応に、慢性腰痛症が追加された。今後、整形外科領域での処方が増えることが予想される。薬局側も、同薬の処方箋を持参する患者の診断名がうつ病とは限らない点に留意する必要がありそうだ。

「サインバルタ=うつ病」にあらず!服薬指導の留意点の画像

ログインして全文を読む