5月19日の疑義解釈資料には、遅まきながら「医療に係る地域活動の取組」の考え方が示されている。そこには「地域包括ケアシステムの構築に向けた、地域住民を含む、地域における総合的なチーム医療・介護の活動であること」と「地域において人のつながりがあり、顔の見える関係が築けるような活動であること」と記されている。

なぜ薬剤師会主催ならOK?の画像

ログインして全文を読む