38床を有する糖尿病専門病院の陣内病院(熊本市中央区)薬剤部の西村博之氏は、「前震の翌朝(4月15日)早く病院に行くと、調剤室は什器が動いて書類や薬などが床に散らばっており、足の踏み場がない状況だった」と話す。

置かれた状況によって血糖コントロールに変化の画像

ログインして全文を読む