監督もしくは管理の地位にある者(管理監督者)は、労働基準法上では労働時間や休憩、休日に関する規制は適用されない。管理監督者は、一般の労働者とは異なるため、労働基準法の労働者の保護の精神になじまないという考え方だ。従って、管理監督者に対しては、深夜残業以外の残業代や休日手当を支払う義務はない。

「薬局長は管理職だから残業代なんてないよ」の画像

ログインして全文を読む