「ユウさん、ちょっと、ちょっと」。休憩室の中をのぞきながら、あゆみさんが僕に手招きをする。「ちょっと見てください。ケンシロウさん、さっきからニヤニヤしながら、何かブツブツ言ってるんです。あれ、きっと、失恋のショックですよ」 ケンシロウはまたふられたらしい。どうしてあゆみさんが知っているのかといえば、告白した相手があゆみさんの友人だったらしいのだ。

アメ、ナメ、ビル、今までの同効薬とどう違う?の画像

ログインして全文を読む