ある日のお昼休み、僕とあゆみさんはいつものように思い思いのときを過ごしていた。その日の陽射しは11月とは思えないくらいに暖かく、休憩室で少しまどろみかけていた僕は、ふと視線を感じて顔を上げる。そこには、ひどく悲しげな面持ちのケンシロウがたたずんでいた。

光学異性体で薬理作用プロファイルが一変!の画像

ログインして全文を読む