「さっきEさんにデベルザ(一般名トホグリフロジン水和物)が出たんです」。患者の波が途切れ、薬局内がしんと静まり返った時、ケンシロウが薬歴をめくりながら話し掛けてきた。「覚えてます? 以前、スーグラ(イプラグリフロジンL-プロリン)がすごく効いていたけど、痒みの訴えがあって中止していた、BMI 30オーバーの……」

SGLT2阻害薬による皮膚の痒み、「アレルギー性」とは限らないの画像

ログインして全文を読む