西洋医学はいつもパラダイムシフトで、いつも曲がり角。ガイドラインなんて、その最たるものだろう。だからこそ医療者としての不断の努力が必要なのだが、大学で習ったばかりのことが、歴史ある薬の知識が、間違ったものに変わってしまっているなんて、まさか夢にも思わないだろう。臨床の現場において、アスピリンジレンマをどう理解し、どのように扱えばよいのか?

アスピリンジレンマは存在しない!?の画像

ログインして全文を読む