アマリールとアルマール。販売名類似による薬の取り間違えの典型例だ。頭では分かっていても、書き間違えてしまうことがあるらしい。僕も実際、この間違いの処方箋を受けたことがある。しかしそれは、過去の話。現在、この問題は大日本住友製薬の“英断”によって解決に至っている。今回はそのアルマール、いや、アロチノロール塩酸塩の話。

「喘息患者の本態性振戦に適したβ遮断薬はどれですか?」の画像

ログインして全文を読む