残薬の見える化を標準化し、患者参加型の方法で効果的に残薬問題を解決することができます。薬局窓口で誰でも簡単に簡便に残った薬剤名、数量をほぼ追加投資なしで確認できます。患者自身が残薬を確認し、自発的に医療に参加していただく方法ですから、患者自身が問題意識を持ち、残薬を減らそうという動機付けになります。

「残薬確認シール」で残薬軽減に貢献の画像

ログインして全文を読む