お薬手帳は基本的に白黒の字体で、服用の際の注意事項や副作用情報も分かりづらく見落としてしまいがちである。また、服薬指導において、その場では理解してもらえていても帰宅後には、この副作用はどの薬のことだろうと思われる患者さんも多々存在しているでしょう。そのような見落とし・忘れを防止し、医薬品の適正使用を担保するためにお薬手帳に“注目を促すシール”を貼ることにしました。

“注目を促すシール”でお薬手帳を分かりやすくの画像

ログインして全文を読む