自分で作製したツールではないですが、よく小学校などで教材として使われる「余り」の計算ができる電卓です。ウィークリーシートや粉の分包品などのピッキングの際に役立ちます。1回の入力でピッキングするシート数と端数(余り)が計算できるので、業務効率化につながります。

「÷あまり電卓」でシート数と端数が分かるの画像

ログインして全文を読む