イムノファーマシー大阪(大阪市淀川区)では、ハイリスク薬を服用する患者向けのお薬手帳サポートシールを作成し、全社で活用している。これは副作用が疑われる体調の変化が現れていないかなどを、患者が記入するもの。薬剤師は、服薬指導時にこれらの項目について患者に説明した上で、該当するシールを手帳に貼付。患者は次回来局時までに、手帳に記入して薬局に持って来る。薬剤師はそれを確認しながら、服薬指導をするという仕組みだ。ハイリスク薬を中心に12種類程度を用意している。

副作用を記入してもらうお薬手帳シールの画像

ログインして全文を読む