赤い画用紙で作られたこいのぼりが目の前に差し出された。持っているのは、川崎病で入院している4歳の女の子だ。鱗(うろこ)の部分には、折り鶴や兜(かぶと)が貼り付けられて、てっぺんには金色の折り紙で作られた風車がつけられている。

ログインして全文を読む