「あちゃー、薬局に繋がっちゃったか。えーと、私、H大学の関係なんだけど、この電話川村先生に繋いでくれるかな。あ、特に説明しなくて、そのまま繋いでくれればいいから」。電話の主にそう言われて、保留にし、川村医師のPHSに繋いで外来に戻った。忙しい時間帯の電話というのは、無条件で頭に来てしまう。代表電話から交換手が回したわけではないようだが、直通でかけてきたのだろうか。

ログインして全文を読む