BP製剤は服用が煩雑であり、報告によっては、服用開始6カ月後の継続率が連日製剤で52.0%、週1回製剤では78.9%というデータもあります。服用間隔が開くことは、患者にとって大きなメリットではありますが、一方で過量服用や飲み忘れの問題が起きてきます。そのような事例に遭遇したときに、どのような対応を取ればよいのでしょうか。

ログインして全文を読む