ビスホスホネート系薬は、骨に蓄積し、破骨細胞に取り込まれて同細胞の働きを阻害し、効果を示します。骨粗鬆症の治療に関しては、「骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン2011年版」が2011年に発表され、治療に対する考え方も変わってきました。従来、骨密度の低下が重視されてきましたが、現在では、骨密度のみならず骨質も考慮するようになっています。

ログインして全文を読む