前回はエパデールのスイッチOTC化に伴う議論について紹介しました。今回は、イコサペント酸エチル(エパデール他)の特徴や臨床上の位置づけ、注意点について確認したいと思います。

ログインして全文を読む