今回は、消化管運動を賦活させる薬剤の特徴についてまとめました。消化管運動は、中枢の交感神経、副交感神経と、末梢の壁内神経系で調節されています。自律神経系の交感神経は消化管運動を抑制する方向に働き、副交感神経はアセチルコリンにより消化管運動を促進させます。アセチルコリンの遊離は、コリン作動性神経上にあるセロトニン受容体、ドパミンD2受容体、オピオイド受容体により調節されています。

ログインして全文を読む