子宮内膜症は、卵巣摘出や放射線療法以外には、基本的に閉経まで治らない疾患です。疼痛や不妊が生じるので、そのような苦痛をできるだけ取り除くことが治療の中心になります。治療として、偽妊娠療法か偽閉経療法が行われます。

ログインして全文を読む