今回とりあげた薬剤も前回と同様、適応外使用やその試みがなされているものがあります。エビデンスとしては弱いものが多いと思いますが、副作用があまりなく今後臨床で使用される可能性もあることから、あえてご紹介します。

ログインして全文を読む