消化性潰瘍の治療に関しては、プロトンポンプ阻害薬(PPI)やH2ブロッカーのような攻撃因子抑制薬が主体で、防御因子に関しては情報が少ない印象を受けます。今回はリクエストもあり、防御因子増強薬の特徴を紹介します。これらは、粘膜抵抗増強薬、粘液産生・分泌促進薬、胃粘膜微小循環改善薬に大きく分類されます。

ログインして全文を読む