今年4月9日、日本医療機能評価機構が行っている薬局ヒヤリ・ハット事例収集・分析事業から、「共有すべき事例 2012年1月」が公開されました。この事例2として、添付文書の併用禁忌の記載の不一致によるヒヤリ・ハット事例が紹介されています。

ログインして全文を読む