キノロン系薬剤初代のナリジクス酸(ウイントマイロン等)は、グラム陰性桿菌のみの抗菌力を示し、尿路感染症と腸管感染症にしか適応症を持ちません。ピペミド酸水和物(ドルコール等)は組織移行性が向上し、緑膿菌への効果も持つようになりました。

ログインして全文を読む