ステロイドは、薬効がほぼ確実という強みもありますが、非常に副作用発症率の高い薬剤でもあります。にもかかわらず、研修などを行っていると、意外に副作用について把握していない薬剤師が多いことに気づかされます。特に、経口ステロイドでは原則禁忌となっている「高血圧症」はほとんど無視されている印象さえ受けます。今回は、ステロイドの副作用と、その発現の用法や用量による違いについて触れていきます。なお今回は、経口剤だけでなく、注射剤や外用剤も含めて解説します。

ログインして全文を読む