α-グルコシダーゼ阻害剤(以下、α-GI)は現在、アカルボース(商品名:グルコバイほか)、ボグリボース(ベイスンほか)、ミグリトール(セイブル=写真)の3種類が使用されています。今回は、α-GIに共通の注意点について解説します。

α-GI服用者の低血糖対応、ヤクルトなら何本?の画像

ログインして全文を読む