SSRIは、血中濃度が急に上がったり、逆に急に下がったりすると、とても危険な薬剤です。ですから、血中濃度を急激に変化させる可能性がある「相互作用」に注意が必要です。もちろん、血中濃度を急に変化させる要因は、相互作用だけではありません。特に危ないのは、「自己判断での休薬」です。メンタル系の疾患のある患者の場合、自己判断で薬の服用を調節していることがよくあるからです。

SSRI:絶対に自己判断で服用を中止しないように指導するの画像

ログインして全文を読む