カルバマゼピン(商品名:テグレトールほか)は、てんかんの部分発作および三叉神経痛に対する第一選択薬です。また、躁状態に対しても、リチウム製剤と同等の有効性・有用性を持ち、その効果の発現はリチウム製剤よりも早いという特徴があります。さらに、糖尿病性神経障害、帯状疱疹後疼痛、癌性疼痛の鎮痛補助に適応外処方されるなど、多方面で使用されます。

テグレトール:過量による初期症状が出ても突然の休薬はNGの画像

ログインして全文を読む