前回、僕が個別指導で心不全の重症度分類「NYHA(ニーハ)分類」を“ニャハ”と読んでしまった失敗を、桜井クンが電話でからかってきたことをお伝えしました(前回記事:プロプラノロールが禁忌な『ニャハ』!?)。その電話があった翌週、薬局の処方箋のチェックをしに行くと、「実は、こんな査定の紙が来てたんスよ」桜井クンはそう言いながら、1枚の突合点検調整額連絡票を差し出しました。

ボルタレンサポ査定の原因も「ニャハ」?の画像

ログインして全文を読む