さてさて、前回のコラムでは、無事に(?)自家調剤による指導を免れたのですが、実は、この処方、と〜ってもいろんな指導を受けていたんですよ〜(グスン)指導官「さて、芍薬甘草湯ですが、副作用の確認はどうされていますか?」僕「カンゾウが入っていますので、偽アルドステロン症の注意をしています」指導官「確かに薬歴に書かれていますね。えーと『偽アルドステロン症の確認。血圧上昇や体のだるさ、なし』と……。うーん……。」

”愛のムチ”は漢方にだって容赦なしの画像

ログインして全文を読む